介護士とは?いろんなタイプの介護士がいます!

 

 

介護士の仕事をする前に、介護士にはいろんな形態の介護士がいることを確認しておきましょう。

一言に「介護士」といっても資格が必要な仕事場もあります。ここでは、介護士のタイプを分かりやすく簡単にまとめてみましたので、初心者の方は目を通しておいてくださいね。

 

 

介護士のタイプ

 

介護士とは、ひとりで生活をすることが困難な、老人や障害者、病人などを介護してる人全般を指します。

 

 

介護士でもヘルパーは、施設介護ではなく、自宅に訪問をして介護をする人のことです。訪問介護をしているヘルパーは、無資格ではできません。しかし、施設介護は無資格でもできます。

 

 

 

また、介護福祉士とは、国家試験で介護の資格をとった人のことです。介護福祉士をとるまでに、初任者研修、実務者研修という資格があり、介護福祉士を受験するには必須の資格となります。しかし、仕事内容は介護福祉士になっても、そんなに大きくは変わらない職場も多いです。

 

 

 

 

ケアマネとは、介護福祉士をとって、更に経験を積んで、ケアーマネージャーの資格をとった人を、一般的にケアマネと略して呼んでいます。ケアプランなどを立てたりもします。このケアマネジャーの合格率は、とても低いようです。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

今後、最もニーズの高い職種といわれている介護士には、様々なタイプがあります。

 

介護の仕事をしたいが、何から始めたらいいのか分からないという人も、施設を見学し実際の仕事内容などの話を聞かせてもらったり、仕事の斡旋企業から説明を受けるなどすることで、あなたに適した職場がみつかるモメントとなります。